<   2010年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

本日の一皿

まもなく
W杯日本戦。

サムライブルーな人達が
まだ呑んでる。

応援行かなくていいのかな、
バロックにはテレビがないんだけど。

個人的な
サッカーな曲。

セルジオ・メンデス。





d0158285_2445743.jpg


越後ではなく。

d0158285_2564035.jpg


おしゃれなメンデス。

d0158285_258328.jpg


ブラジル・メンデス。




好きな選手は柱谷兄弟と立花兄弟。

いーんです。
[PR]
by barbarock | 2010-06-25 03:09

バロック初代ママ卒業


先日で
わかこママが寿退社。
結婚+独立。

次の舞台は、福島・郡山。

旦那と一緒にバー。

オープンから支えてくれた彼女に最大の感謝です。

ありがとう。


d0158285_4381862.jpg
d0158285_4393750.jpg
d0158285_4415346.jpg

[PR]
by barbarock | 2010-06-18 04:48

オッジドマーニ5周年

隣の姉妹店、オッジ。

もう5周年。

時が経つのははやいもの。

いろんなことあった。

お客さんには
感謝してもしきれない。
言葉になりません。(涙と笑)

鳴子に100人貸切お座敷列車。
地震にも負けず、ロマンティック列車は走る。

ズンドコ、ガタゴト。

鳴子温泉駅、到着。

宴会余興のライヴ。

「The 黄昏カラアズ」

ちゃんとアルバムリリースしたら、
本日の一皿で取り上げるね。

梅雨入り前の思い出の壱ページ。








d0158285_5592595.jpg


[PR]
by barbarock | 2010-06-14 06:09

本日の一皿

Diane Birch/BIBLE BELT

d0158285_291869.jpg



シンガーソングライターの未来像。。ローラ・ニーロ、キャロル・キングを髣髴させるだけではなく、新人がみせるスリリングな要素も兼ね備える。「Bible Belt」は ただ心地いいだけではなく、スリルに満ち溢れた音楽だ。
– The Huffington Post

トレンドともコマーシャリズムとも違うし、いわゆる派手さはないかもしれない、
ロマンティックではないかもしれない。
しかし何度も聴きたいという気持ちにさせられる魅力をもった一枚。

しかし、もろキャロルキング。
去年の夏に
服屋のSHIBUYA君に薦められた一枚。

今年のFUJIROCKに出るみたいだから。

かわいいから、写真多めで。







d0158285_2103068.jpg

d0158285_2112868.jpg

しかし、
かわゆい。
d0158285_21711100.jpg



[PR]
by barbarock | 2010-06-11 02:13

第一回テキーラ講習会@VINDOME

先日、
我が社の誇る「ブルーアガベのマングローブ」こと
KYB氏が、メキシコ・クエルボの旅から無事に帰国。


そこで、
バラガン邸とメヒコ・レスラーに強い憧れを持つHIMENO氏率いる「VINDOME」にて
テキーラ会を開催。
d0158285_1343915.jpg


蒸留所、現地の食文化、世界各国から集まったテキーラ人の話等々。

d0158285_1355049.jpg

そして、
現地に習い、常温の大量テキーラを浴びました。

ショットでバーンとキメるテキーラもいいけど、
深ーくロマンチックに味わいたい方は、当店で。
[PR]
by barbarock | 2010-06-11 01:40

バイバイサンキュー   

4月の後半から昨日まで
ずっと来店してくれたコルテオ・クルー。

d0158285_4243566.jpg

右側のセス君のバースデーパーティーが出会いのキッカケ。
左は愛しのクリスティーナ。

d0158285_4251615.jpg

シャンデリアでグルグルしてたフロールちゃん。
彼女の好意でショーの後、バックヤードの見学へ。感動2倍。

d0158285_4254348.jpg

はい、ロマンティック。

d0158285_426356.jpg

お客さんとの交流。

d0158285_4264128.jpg

JP君、日本ダイスキ。

d0158285_4274717.jpg

いつも何か足跡残す。
d0158285_4281155.jpg


d0158285_4282889.jpg





最後の日、セスとクリスからプレゼント。

日本講演の間、部屋に飾っていたJACK。
大事に育てるね。

一期一会。


今日、みんなロシアへ旅立った。

言葉にならない。

また会えるよね。



d0158285_525489.jpg

[PR]
by barbarock | 2010-06-09 05:04

本日の一皿

Tom Waits/Waltzing Matilda
d0158285_655289.jpg
この店を造ってる時に、
いつも頭の中に流れていた酔いどれ詩人。


“マチルダとワルツを踊る”
「ワルチング」には“あちこちを渡り歩く”という意味があり、また
「マチルダ」という言葉はイギリスでは昔から女性の名前として用いられるほか、
オーストラリアでは “路上生活者が身の周り品を携行するためのカバン”
の意味でも用いられる言葉です。

トム・ウェイツはここで言葉を巧みに操り、歌詞には両方の意味を込めています。

この歌の主人公たる “孤独に眠りにつく放浪旅人” は、
先述の通り、様々な都会の夜の裏通りの姿を切り取り、
夜の街で働くさまざまな労働者に、そして最後はマチルダに、
「おやすみ」の言葉をかけて夜の眠りにつきます。

ロマンチック。


映画「バスキア」で聴いた時
なんだかわからないけど
涙が止まらなかった、センチな夜。

画商役で出てたデニス・ホッパーも逝ったし・・・


一日一回はターンテーブルにのっかてるな。
トムさんは。

今日も「CLOSING TIME」で
閉店です。

おやすみなさい。



先月、駅裏でやった
日本のトムこと
「踊ろうマチルダ」ライヴ。
とても素敵だったらしいですな。
ケイちゃん、次回は必ず行きますね。





ライヴいいなぁ やりたいなぁ 
カバーもいいなぁ


[PR]
by barbarock | 2010-06-02 06:22